年賀状印刷に最適の互換インク

年賀状を自分でデザインするのが楽しいという人もいるでしょう。自分で作ればどんな年賀状でも作ることができますので、オリジナルデザインにしたり送る相手に合わせたデザインにすることも可能です。年賀状作りに欠かせないのがプリンターですが、たくさん印刷する人にとってネックになるのがインク代でしょう。メーカー推奨の純正品の価格の高さに頭を悩ませているのではないでしょうか。でも純正品でなければならないというわけでもありません。互換インクで代用可能です。メーカーは互換品は故障の原因になると言っていますが、たしかに壊れることもありますが頻繁に起きるわけでもありません。実際互換品しか使っていないがトラブルになったことがないという人はたくさんいます。年賀状の印刷品質を落とすことは絶対譲れないという人ならともかく、そうでないなら純正品より安く買える互換品でも十分満足できるでしょう。

互換インクを買う時の注意点

毎年年末が近づいてくると今年の年賀状はどうしようかと考える人も多いのではないでしょうか。ただ純正インクは値段が高いので買い替えのための出費が気になります。半額以下で売っている互換インクがありますが、使って大丈夫か心配になります。互換品といってもひとつではありません。プリンターメーカー以外が製造しているもので純正品と同じように使用できるもののことを互換品といいますが、製造しているメーカーはたくさんあります。ですから海外で作っているものもあれば国内工場で作っているものなどがあり、製造メーカーによって品質や価格にばらつきがあります。選ぶ時は価格にだけ目をとらわれないようにすることが大切です。安すぎるインクは印刷品質が悪く故障の原因となりやすいものも潜んでいます。また販売業者による保証があるかどうか、返品や交換に応じてくれるかどうかもしっかり確認してから買いましょう。

プリンターメーカーが互換インクを使うなと言う理由

家庭用プリンターは安く売られています。1台2~3万円も出せばかなりいいモデルを手にすることができます。しかしその一方でインクの価格が高いと感じる人も多いでしょう。1色だけでも1000円以上することもありますから、色数の多いモデルだと5000円では買えない場合もあります。これはプリンターメーカーの戦略とも言えます。プリンターの価格を抑えて入り口を入りやすくし、消耗品で利益を出そうとするビジネスモデルです。一度プリンターを買ってもらえさえすれば、消耗品であるインクは継続して買ってもらうことができます。そこに割って入ろうとしているのが互換インクメーカーです。特許のおかげで純正品とまったく同じものは作れませんが、純正品に近い印刷品質でなおかつ価格の安い商品を製造しています。プリンターメーカーは自分たちの利益を失うことになるので互換品は使うなと言っているという側面もあります。